外壁材 個別紹介 ALC

外壁材  個別紹介③:

  1. ALC (Autoclaved Light weight Concrete)は特殊なコンクリートの一つです。一般的に重いコンクリートのデメリットを補うため、外壁材の中に入ってます。ALCは水に浮かぶ程軽く、コンクリートの2-3割り程度の重さしかありません。

ALCの特徴とメリット・デメリット:

断熱性に優れており、また、耐久度・機能性にも優れている為、工期を比較的短くする事が出来ます。また、防火性や遮音性に優れている一方、耐水性がなく、塗装剤を使って防水するほかありません。その為、塗装がはがれた場合には、速やかに対応が必要となります。再塗装の対応を怠れば、耐久性も下がりますので、シーリングの補修も必須となってきます。

代表的な劣化としては、色褪せ、カビ、ひび割れや塗膜のはがれなどがございます。

 

前の項目へ(金属系サイディング)                                                                      次の項目へ(タイル)

Add comment

Menu