屋根 リフォーム

屋根のリフォームに関して、リフォームの手法や使われる良く使われる素材やお勧め素材をご紹介します。

屋根は日々直射日光や雨風からあなたの大切なお住まいを守ってくれています。また、外壁よりも劣化が早く進んでしまう箇所でもあるので、屋根のリフォームは新築でも10年や15年というタイミングで検討する必要があります。また、屋根のリフォームと一言で言っても、リフォームの手法としては大きく4つあり(塗り替え・葺き替え・重ね葺き・葺き直し)、それぞれについてご説明致します。

 リフォーム手法:

塗り替え: 一般的に屋根の塗料の塗り替えを実施する工法です。

葺き替え・重ね葺き:屋根の劣化が激しい時や、前回のリフォームで塗り替えを行われている場合に、屋根の葺き替えや重ね葺きをする事をお勧めしています。

葺き直し:日本瓦の屋根、かつ、既存の瓦を一度撤去し、下地工事を行った後、撤去した瓦を戻す工法です。瓦の劣化が少ない場合でも、下地の劣化が激しい時にお勧めします。

屋根のリフォームについて、詳しく知りたい方は、お気軽にトヤスム株式会社へお問い合わせ下さい。

トヤスム株式会

問い合わせ先: 0120888096

前の項目へ(外壁塗装 リフォーム)          屋根素材紹介へ        次の項目へ(キッチン リフォーム)

Add comment

Menu